一年366日毎日の今日の誕生花と花言葉を紹介しています。 花には、癒しのパワーがあります。そのパワーを感じていただければ嬉しいです。

ロバート・バーンズについて

戻る > ロバート・バーンズ

ロバート・バーンズについて

ロバート・バーンズは、『故郷の空』や『蛍の光』の原曲の詩を書いていますが、これらの日本語の曲の歌詞は原曲とは全く違う物になっています。

『故郷の空』については、ドリフターズが替え歌として歌い
「不謹慎だ」と言われた歌詞の方が、バーンズの詩に近いです。

バーンズの詩の題名は『ライ麦畑で逢うならば』。

ライ麦は1.5mくらいの背の高い植物なので、子供が隠れてキスをするのには最適なのです。

『蛍の光』の原曲は「オールド・ラング・ザイン(Auld lang syne)」、
英語(イングランド語)で書けば"Old long since"となり、遠い昔というような意味です。

旧友のことを想う詩であり、蛍の光と似ているようでやはり違います。


Short URL :

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional